戌年?犬年?

今年は「戌年」ですね。高校生くらいまで「犬」だと思っていました(^^;。で、今日は違いについて、調べたので報告します。

犬・・・象形文字 いぬが左を向いてしゃがんでいる形。猟犬であるともいう。

戌・・・12支の第11位 方角では西北 時刻では午後7時から9時までのことをいうらしいです。

十二支の「戌」は、もともとは動物の「犬」とは何の関係もなかったのです。もともとの十二支は、古代の中国で天球(簡単には「空」)を十二等分してそれぞれに漢字の名前を付したものだったのです。それを後世になって、庶民が親しみを持てるように動物の名をそれぞれに割り振ったのです。

分かるような、わからないような(;^ω^)

 

さてと、勉強したところで前々回の問題の答え合わせいきま~す!

Q.おせち料理の「伊達巻」にはどんな意味があるでしょう?

A.『伊達巻の「伊達」は、華やかさや派手さを表す言葉で、華やかな卵焼きという意味で伊達巻という名前がついたとか、伊達政宗が魚のすり身に卵を混ぜて焼いたものを好んで食べた』諸説あるみたいですが^_^;私の家で人気だったのは「数の子」でした(^^)/

では、今日の問題いってみましょうか!!

Q.恐そうな顔なのに、いつもふるえてる犬は?

今年が「戌年」ということで、犬に関連したクイズを出していきます!楽しみにしてね(^^ゞ

カテゴリー: ぽしブログ パーマリンク