8/22~24第32回リハ工学カンファレンスin神戸

第32回リハ工学カンファレンスin神戸

【日時】8月22日(火)~8月24日(木)

【場所】神戸国際会議場

大会長あいさつ(相良二朗)
第32回リハ工学カンファレンスを神戸で開催する運びとなりました。第1回、第7回、第21回と神戸でしたので、4回目の神戸開催となります。今回は、日本で初めて開催されるi-CREATe 2017(リハ工学・支援技術国際会議)と同時に同会場で行います。現在、世界で最も活力のある地域であるアジアの各国から多数の当事者や研究者の参加が見込まれます。30余年にわたる日本の経験を伝える良い機会になればと思っています。

第32回リハ工学カンファレンスでは、研究発表や講演だけでなく、当事者や初参加者に焦点を当てた新しい企画をいくつか計画していますので、ご期待ください。

神戸は交通の便もよく、基本的なアクセスは整備されています。会場の国際会議場は1981年開館ですので、少し旧い設計ではありますが、当時のバリアフリー水準をご覧いただけます。

<主なプログラム>
8月22日(火)~24日(水)
・福祉用具・介護ロボット・住宅改修
障害者の交通アクセスなどに関する研修・実践報告
・傷害当事者やその家族による、福祉用具の活用などの報告
・最新の福祉機器展示/企画展示

<特別企画>
8月22日(火) 特別支援教育シンポジウム
13:30~15:00 ケースから見た、学校生活でのチームアプローチ

8月23日 当事者オーガナイズドセッション
9:30~11:00  障害から、いつ・どのようにリカバリーしたか?
~リハ工学がもたらす可能性~
16:00~17:30 視覚障害者の学修と暮らしを支える支援技術
~安全で心豊かな生活のために~

8月24日(木) レジェンドに聞け!
9:30~11:00 ~バリアフリーが夜明けを迎える20年前一人暮らしを
エンジョイする一人の男(頸髄損傷C4)がいた~

<i-CREATe2017共同企画>
8月23日(水) 特別講演
12:30~14:00 盲ろう者とテクノロジー -可能性と限界-
福田暁子氏(正解盲ろう者連盟事務局長、全国盲ろう者協会国際情報委員、重複障害者当事者)

<一般公開>
8月24日(木) WHO神戸セミナー
13:00~15:00 講演:高齢化するアジア、そして世界で期待される福祉用具の役割
報告:アジアにおける福祉用具の支援(日本の役割)について
12:00~14:00 福祉機器展示・企画展示

<参加費>
会員(協賛会員を含む) 当日13,000円(事前登録10,000円)
非会員         当日15,000円(事前登録13,000円)
学生              6,000円
一日参加 会員 5,000円 非会員 6,000円

<会場>
神戸国際会議場
ポートライナー「市民広場駅」下車すぐ

<運営事務局>
日本コンベンションセンターサービス株式会社 神戸支社内
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1 神戸国際交流会館6階
TEL:078-303-1101 FAX:078-303-3760
E-mail:32resja@convention.co.jp

<チラシ表>
<チラシ裏>
<事前申込み>

カテゴリー: イベントのお知らせ パーマリンク