11月2日(土) シンポジウム 人工呼吸器を使用して自由に生きるために


○このシンポジウムは、公益財団法人キリン福祉財団「キリン・地域のちから」応援事業の助成を受けています。

人工呼吸器を使用して自由に生きるために
-人工呼吸器ユーザーが求めること、支援者に求められること-

人工呼吸器をつけると外出できないの?
人工呼吸器をつけると旅行はできないの?
人工呼吸器をつけると働くことはできないの?
人工呼吸器をつけると結婚できないの?

10数年前にはひとり暮らしをする人工呼吸器ユーザーはあまり見られませんでしたが、時代の流れとともに社会の受け入れ態勢が進み、地域で自立した生活を行う者も少なくはありません。生活に多くの課題を抱えながらも社会に自身の役割を見出し、心豊かな生活を目指そうと奮励努力しています。
でも、考えてみてください。今の時代、人工呼吸器を使用していても、当たり前に「自由な意思」のもと、数多くの選択肢がある豊かな生活が送れるようになっているでしょうか?

  本シンポジウムでは、全国で人工呼吸器を使って在宅で暮らす頸髄損傷者をはじめとする肢体不自由者に幅広く呼びかけ、実際にどのような暮らしをしているのか、自己実現していること、自身が生活する上で問題となること、課題解決のために求める要望、どのように暮らしを守り、どのような支援があれば自由な意思を守ることができるのかを聞き、一緒になって考え学びます。

開催日・場所
  日時:2019年11月2日(土) 9:30受付 第一部10:00~12:00 第二部13:30~17:00
  場所:神戸市勤労会館 大ホール  〒651-0096 神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分。
     https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/

シンポジウム構成
   第1部では人工呼吸器ユーザー、ドクターを交えた鼎談
米田進一(兵庫頸髄損傷者連絡会)
土岐明子(大阪府立急性期・総合医療センター)
宮野秀樹(兵庫頸髄損傷者連絡会)
   第2部では4名の県内外から招いた人工呼吸器ユーザーからの報告&パネルディスカッション
   ※会場で福祉機器・用具メーカーの商品展示も予定

参加費 無料

問い合わせ
兵庫頸髄損傷者連絡会 人工呼吸器シンポジウム実行委員会 運営事務局
〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘1丁目1番地の1 フローラ88 305B
特定非営利活動法人ぽしぶる内
TEL 079-555-6229 FAX 079-553-6401
E-MAIL hkeison@yahoo.co.jp  URL http://hkeison.net  担当:宮野秀樹

カテゴリー: イベントのお知らせ | コメントする

9/28(日)兵庫頸損連 秋のバーベキュー大会

兵庫頸髄損傷者連絡会よりご案内

今年も例年通りバーベキュー大会を行う予定です。
ここ数年は台風の影響で中止にせざるを得なかったので、今年こそは開催出来ればと思っております。
是非みなさまご参加下さい。
よろしくお願いいたします。

■秋の大バーベキュー大会
■日時:2019年9月28日(土) 12:00~15:00
■場所:大蔵海岸バーベキューサイト「ZAZAZA」(屋根あり)
※受付は朝霧駅から連結している歩道橋の下、モルツマーメイド号前で受付を行います。
小雨決行!!

◆参加費:障害当事者、一般 3,000円 介助者 1,500円 学生 1,000円
※飲食をしない当事者・介助者は必ず事前にお知らせください。

●アクセス
最寄り駅はJR朝霧駅です(会場まで徒歩5分)
お車でお越しになる際は契約駐車場をご利用下さい。(障がい者手帳提示で割引き有)
各情報をご確認の上、参加申込をしてください。
※最終申込締切日:9月19日(木)
参加をご希望の方はお名前、人数を書いてhkeison@yahoo.co.jpまで返信してください。
出来ましたら人数把握のため参加・不参加・未定いずれにしても、
一旦9月11日(水)までに、皆様のお返事宜しくお願いいたします!

☆お問合せ先
〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘1丁目1番地の1 フローラ88 305B
特定非営利活動法人 (ぽしぶる 内)TEL079-553-6400
e-mail:hkeison@yahoo.co.jp  HP:http://hkeison.net/
担当 土田 米田

皆様、呼びかけに御協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。
皆様のご参加お待ちしております。

2019bbqチラシ

 

カテゴリー: イベントのお知らせ | コメントする

6月29日 地域セミナー「君は一人じゃない」 実施報告

6月29日(土)に地域セミナー「君は一人じゃない」を無事に開催することができました。ご後援、応援していただいた方や団体さま、手話通訳者や要約筆記者のみなさまご協力ありがとうございました!
当日は総勢80名もの方に参加いただき、今回のテーマが重要なことだと改めて知りました。自己実現に向けてゲストスピーカーの方々が取り組まれている話しの中で、まだまだ、社会に課題が多いことを再確認しました。社会の課題をみんなの課題と捉えてもらい、一緒に考えていただくことで、共生社会に一歩近づくと考えています。これからも誰もが認め合える社会を目指して、邁進してまいりますので、みなさま応援のほどよろしくお願いいたします!

当日、パネルディスカッションで「自己実現」について話していただく予定でしたが、時間がありませんでした。
ALS患者で人工呼吸器使用の方に「自己実現できていますか?」との問いの答えをこの場をお借りして記載させていただきます。

去年は自分がやりたいALSを語る会を4回開くことができて充実した1年だったといえると思います。2年前も外泊したり映画館に行ったりしてたんですが、今年は本当に月2回のランチにしか行けてません。
本音を言えば、ランチにもどうしても行きたくて行っているわけでもないです。ヘルパーさんが食べているところを見ながら雑談をしているだけなので。映画館くらいいつでも行くことは可能ですが、痰が上がってこないかなとか、人工呼吸器のアラームが鳴って周りに迷惑をかけないかなとか思ってしまって映画に集中できなくて、内容が全然入ってこなくて映画館で映画を見ることはやめました。
今、ヘルパーさんが常勤2人、非常勤4人なので、あと2人くらい増やすことが課題だし、自分のしたいことを見つける、生きたいところを見つけることが課題でも有り、目標でもあります。

カテゴリー: イベントのお知らせ | コメントする

【お知らせ】地域セミナー「君は一人じゃない~介助者と歩む地域生活~」


日 程:2019年6月29日(土)
時 間:13:30-16:30 受付13:00
会 場:三田市まちづくり協働センター 多目的ホール(キッピーモール6階)
参加費:無料
定 員:120名
内 容:頸髄損傷・脳性麻痺で・ALS(筋萎縮性側索硬化症)の障害がありながら
    地域で生活する5名の体験談
    (笹倉克敏氏、藤原すみれ氏、竹村美紀子氏、島本卓氏、土田浩敬氏)
    パネルディスカッション

   障害者のこと、どれくらい知っていますか?
   「自立生活」という言葉を知っていますか?
   もしかして自立生活って一人暮らしすることだと思っていませんか?
   イメージしてみてください。手足が思うように動かない障害者の生活は大変だ!
   いや、障害が重ければそもそも自立なんて無理だろう!
   そう思うのも仕方がないかもしれません。
   あなたは知らないからです。
   本セミナーでは、とても障害の重い者や、呼吸することが難しい者が、
   様々な人の力を借りながら楽しく、“意志”を持って
   自立を果たしている姿を見ることができます。
   「不自由な体で楽しく生きる!」この言葉のギャップ感を体感しにきませんか?

後 援:三田市
主 催:特定非営利活動法人ぽしぶる
    電話:079-553-6400 FAX:079-553-6401
    E-mail:info@npopossible.com
申込み:電話、ファックス、メールなどで申し込みください。
    サポートが必要な方はお早めにお申込みください。
    締切は6月21日(金)まで
    チラシ  申込用紙

カテゴリー: イベントのお知らせ | 2件のコメント

【お知らせ】9/20(金)第12回愛音楽(アネラ)音楽祭in神戸

【ご案内】
第12回沖縄発、障がい者社会参加ゆいまーる音楽祭
愛音楽(アネラ)音楽祭in神戸

日時:2019年9月20日(金)
開場:13:30 開園:14:00
場所:ピフレホール(新長田勤労市民センター別館)
   神戸市長田区若松町4丁目2-15 ピフレ新長田3階
入場料:無料 ※整理券を発行しております。下記までお問合せください。

多くの障がい者が音楽を通し社会に参加、発表することで、感動と喜びを共有しお互いのエネルギーに
なれると信じております。単に音楽を競うのではなく、ハンディを抱えながらも自分に出来る事で演奏
に参加しそれを支えるたくさんの人とたちと感動と喜びを分かち合い、生きる、活きる楽しさを伝える
音楽祭です。皆様の応援、拍手にて会場を盛り上げて下さいますようご来場をお待ちしております。

主催・お問い合わせ
NPO法人サポートセンターケントミ
〒904-2162沖縄県沖縄市海邦1-8-3
電話:098-989-3912 Email:fsfe6ra3t@i.softbank.jp
https://anerahousi2.wixsite.com/kentomi
アネラ音楽祭チラシ

カテゴリー: イベントのお知らせ | 1件のコメント

【お知らせ】第8回合同シンポジウム 障害当事者こそが変える!人手不足の介護現場 ~だれのため?みんなのため!みんなで考えよう!~

【ご案内】
日時:2019年4月27日(土)10時~17時
会場:かがわ総合リハビリテーションセンター
(香川県高松市田村町1114番地)
参加費:会員500円 一般1,000円
【シンポジウム内容】
午前の部:10:30~12:00 ノーリフティングケア体験・企業プレゼンテーション
午後の部:13:00~17:00 シンポジウム
下元佳子氏 一般社団法人ナチュラルハートフルケアネットワーク
桂律也氏 一般社団法人日本リハビリテーション工学協会
石濱裕規氏 医療法人社団永生会
宮野秀樹氏 全国頸髄損傷者連絡会 続きを読む

カテゴリー: イベントのお知らせ | 【お知らせ】第8回合同シンポジウム 障害当事者こそが変える!人手不足の介護現場 ~だれのため?みんなのため!みんなで考えよう!~ はコメントを受け付けていません。

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。

これからもぽしぶるは障害者の自立と社会参加のために取り組んで参ります!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ぽしぶる 理事長 藤田厳一

カテゴリー: イベントのお知らせ | 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。

【お知らせ】11/3(土)NPO法人ライフサポートはりま設立15周年記念事業

       特定非営利活動法人ライフサポートはりま
              設立15周年記念事業

             地域自立を支えて15年
              みんなで歩んだ15年

日時:2018年11月3日(土)13:30-16:00
会場:ハーベスト医療福祉専門学校 講堂
   姫路市南駅前町91-6
定員:150名
参加費:無料

プログラム
<第1部>
講演会 13:30-14:35
「当事者事業所の必要性について」
講師:玉木幸則 氏(西宮市社会福祉協議会 相談総務係 係長)
<第2部>
パネルディスカッション 14:45-16:00
「重度障害者の過去・現在・未来を語ろう」

後援:姫路市

お問い合わせ・お申込み
特定非営利活動法人ライフサポートはりま
TEL:079-223-0255
MAIL:lsh@gaia.eonet.ne.jp
URL:http://www.eonet.ne.jp/~ls-harima

ライフサポートはりま設立15周年記念事業

カテゴリー: イベントのお知らせ | 【お知らせ】11/3(土)NPO法人ライフサポートはりま設立15周年記念事業 はコメントを受け付けていません。

【お知らせ】11/17(土)映画上映会&トークショー

            「生きていく」
         ~人工呼吸器と共に生きる~
    出演:池田英樹 音楽:hatao 上原奈美 監督・撮影・編集:神吉良輔
 
日時:2018年11月17日(土) 13:00~16:30(開場13:00)
場所:千里ニュータウンプラザ8階 多目的ルーム
   吹田市津雲台1丁目2番1号
ゲスト:神吉 良輔さん 「生きていく」監督
    米田 進一さん  人工呼吸器使用者
    宮野 秀樹さん  兵庫頸髄損傷者連絡会 事務局長
    土岐 明子さん  医師
手話通訳あり・映画は字幕&音声ガイドあり
参加費:無料
連絡先:ぷくぷくの会気付 担当:細田・宇都
    TEL:06-6317-5598 FAX:06-6317-0936
    E-mail:yukito3118@gmail.com
主催:すいた障害当事者連絡会
共催:吹田のバリアフリー・交通アクセスをめざす会
後援:吹田市、吹田市教育委員会、吹田市社会福祉協議会
公益財団法人毎日新聞大阪社会事業団の公募福祉助成金助成事業で実施しています

映画「生きていく」とは…
競艇場でギャンブルをし、飲み屋で酔いつぶれる。
その男にとっては特別なことではない。
たとえ人工呼吸器をつけていたとしても…
【内容】
兵庫県尼崎在住の池田英樹(36歳)は27歳のときに交通事故にあい、首から下がマヒした人工呼吸器に頼る生活となってしまう。そんな英樹にとって唯一の生きがいとなっているのが旅行で、1年をかけて北海道の旅行を計画する。
事故当時の生きる気力を失っていた頃からは考えられない、初の長期旅行。
夏の北海道に広がる美しいロケーションの中で、英樹の両親やはじめてかかわるボランティアとともに喜びやトラブルを味わいながら、駆け抜けていく。
達成感と喪失感を繰り返す日常生活の中で、人とかかわりながら、生きる力へつなげていこうとする英樹の2年間を見つめた作品。
【神吉良輔監督プロフィール】
流行大学文学部哲学科教育学専攻卒
日本映画学校卒業後、映画、テレビ番組制作会社およびNPO法人にて映像制作に携わる。身体障害者の結婚までを追った映画「もっこす元気な愛」のプロデューサー。
障害をもつ人たちのドキュメンタリー制作や人形浄瑠璃「文楽」のDVD制作など幅広く映像制作を行う。また、映像制作指導や市民メディアの普及活動にも取り組んでいる。
【主な制作作品】
「もっこす元気な愛」2005年プロデューサー
「GOSUPEL in 文楽」撮影・編集・制作
「人工呼吸器使用者の自立生活を実現するために」撮影・編集・構成
生きていく上映会

カテゴリー: イベントのお知らせ | 【お知らせ】11/17(土)映画上映会&トークショー はコメントを受け付けていません。

2018/8/4(土) 2018年度 バクバクの会 講演会inひょうご

    「知ろう!障害者差別解消法♡活かそう!私たちの暮らしに!!」

「障害者差別解消法」が施行され2年が経過。この法律の内容や意義はどこまで浸透してきたのか、兵庫県下で独自の条例を作って実施的な施策を行っている自治体の報告を受けて、差別解消法をどのように活かし、実効性のあるものにしていくのか、現状と課題について考える。

日 時:2018年8月4日(土)14:00-16:30(会場・受付13:30~)
場 所:ラッセホール(神戸市中央区中山手通4-10-8)
    JR・阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮駅」下車 徒歩10分
講 師:青木 志帆さん
(弁護士、明石市社会福祉協議会総合相談支援室権利擁護支援課権利擁護推進担当課長)
「病気や障害のある人もない人も共に暮らす社会を目指して(仮)」
津村 南さん・博子さん
(バクバクの会 会員)
「悩みもそこそこあるけれど、いつまでもどこまでも私らしく!~18年間を振り返って~」
参加費:無料(お申し込みが必要です。裏面の申込書にご記入ください。)
定 員:150名
後 援:兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、一般社団法人兵庫県医師会、一般社団法人神戸市医師会、公益社団法人兵庫県看護協会、一般社団法人兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会、社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会、日本ALS協会近畿ブロック、一般財団法人兵庫県肢体不自由児者協会、兵庫県肢体不自由児者父母の会連合会、一般社団法人兵庫県難病団体連絡協議会、公益財団法人兵庫県手をつなぐ育成会、兵庫頸髄損傷者連絡会、兵庫県教職員組合、神戸市教職員組合、自治労兵庫県本部、障害者問題を考える兵庫県連絡会議

参加申込み・お問い合わせ
バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~
電話/FAX:072-724-2007
E-mail:bakuinfo@bakubaku.org

チラシ表
FAX申込み書

カテゴリー: イベントのお知らせ | 2018/8/4(土) 2018年度 バクバクの会 講演会inひょうご はコメントを受け付けていません。